Monthly Archives: 6月 2013

ブルーベリー、収穫しました

ブルーベリーが実り始めました。
ブルーベリー
毎日声をかけていたせいか(?)今年は特に甘くておいしいです。濃い青の実だけを採りましたが、塾しかけた紫の実もたくさんあります。
これから毎日少しずつ収穫できます。
ヒヨドリが食べに来るので、網をかけました。すると昨日の朝、網が頭に引っかかったヒヨドリが「ピィ~ピィ~」と断末魔のような哀れな声を挙げています。しかたないので、「ちゃんと恩返しするんだぞ」と言いきかせながら、頭の網を切って逃がしてやりました。
「恩返し」を期待したのに、今朝は、隣のスモモの木にヒヨドリがとまっていました。スモモの実ははもう5㎝ほどに大きくなっています。これからきれいなロゼワインのような色に熟して甘~くなるので、ねらいをつけているのかも。けしからんヤツです。
ウチにはもう一種類、別のブルーベリーがあります。黒くて大きな実をつける、生食用のブルーベリー、これは真夏に採れるので、まだまだです。

 

 

梅干しの塩漬け 

ホルンの柵の中に、梅の木が3本あります。落ちた梅の実を食べているらしく、小屋には毎日、糞に混じって固い梅の種が落ちています。
梅干しづくりの季節になりました、私も梅を塩漬けしました。梅の実に一つずつ塩をまぶして漬け込みます。
梅干し1
最後に残った塩を梅の上に入れます。
梅干し2
家中が甘い梅の香りでいっぱいに。
梅干しの酸っぱい匂いはまだまだです。赤シソにつけてやっと梅干しの赤い色と酸っぱい味ができます。
赤シソはまだ10㎝ほどしか伸びていません。シソが大きく育ったら、梅に入れて色をつけるので、それまで梅は重しをして水かあがるのを待ちます。
まだ実をとっていない木があるので、その実で、梅シロップを作る予定です。暑い夏にぴったりの飲み物で、お客様に大好評です。

ウマコさんの新居

温室に住んでるウマコさんは夏の間は、他へ移住します。
引っ越しされたので、今年の初夏の新居にお邪魔しました。
ウマコ新居6
ここが、新ウマコ王国。参道の石段を登った先には、「山神社」が。
ウマコ新居3
一面、きれいなスギゴケのお社に荷物を置かせていただきました。ここが一番涼しいところなのだそうです。
ウマコ新居2
わき水もあって、気持ちいい。
ウマコ新居1
鳥居の下に立って見下ろす、ウマコ王国。
ウマコ新居4
ウマコさんのベッドに乗せてもらいました。ハンモックは初体験なので、ちょっと緊張して、ミイラみたいになっちゃった。
ウマコ新居8
いつものようにウマでお散歩につれていってもらいました。青紅葉のトンネルをくぐり、吊り橋を渡り・・・
ウマコ新居5
お散歩の後はウマの水浴び。ウマコさんのお友だちが、山の水を引いて水道を作ってくれたのだそうです。蛇口が木に付いていて、不思議。ブチ君は、ホースから水を飲みます。キリン?みたい。

ウマコ新居7

ユリが鮮やか

ユリがきれいに咲いてます。やっぱり花が大きいので、豪華です。色も鮮やかで目を引きます。
ナルコユリやスカシユリ、もうすぐカサブランカも咲きます。
嬉しいことに、ウチのお花を、長浜の黒壁スクエアのお店で飾ってくれています。
先日は、オレンジのユリと白いカスミソウをおしゃれなクリアガラスに生けてくれてました。思わず「わぁ、きれい」と歓声をあげてしまうほど素敵。ウチのお花なのに。まねして私も生けてみました。
ユリとカスミソウ
ユリといっしょに持っていったアジサイも、ウチでも飾ってみました。カシワバアジサイと青と白のガクアジサイ。涼しげでしょ。
カシワバアジサイなど
名残のスイトピーもついでに。ウチの玄関は花盛りです。
玄関の花
すぐ枯れてしまって、手入れが面倒だけど、お花を飾るのはとても楽しいですね。
花瓶や花器にお花を生けている時は、そのことだけに集中して、頭の中がお花でいっぱいになります。
バタバタしてる毎日に、ちょっとこんな時間を作ると、何かやさしい気持ちになれるような気がします。

グミで鯛を釣る

知り合いの大工、Nさんは釣りが趣味。今日は釣果のお裾分けで、りっぱな鯛を2匹ももらいました。
鯛
お礼に、できたてのグミジャムを。
こんな物々交換、「海彦山彦」みたいで楽しい~。山彦がかなりお得ですが。

インカのめざめ(ジャガイモ)収穫しました

なんか御利益がありそうな「インカのめざめ」という品種のジャガイモ、初めて育ててみました。原種に近いらしく、あまり大きくはなりません。大きくても7~8㎝ほど。皮は赤くてサツマイモみたいです。
 インカの目覚め収穫
粉ふきいもにしてみたら、ホクホクで甘味もあり、ホントにサツマイモのようです。
ビタミンCもすごく多い、ちょっと話題の種類だとか。なるほど~。
インカの目覚め ふかし芋

先日収穫したのは、キタアカリという品種。我が家では、このほかに「インカシリーズ」がもう一種類と「メークイン」があります。
今日、やっと雨が降りました。でも地面にしみたのは1㎝ほど。乾ききった畑をしっかり潤す恵みの雨がほしい~。

ブルーベリーも青く色づき始めました。キウイもたくさん花をつけています。
隣の源一郎さんに倣って、私も短歌を作ってみました。

  空の青に水求むるか 空梅雨の キウイはぴゅんぴゅんツルを伸ばして

キウイのつる

グミ 甘いです

グミ。これぞ木の実というグミ。どんな字を書くのかな?
  グミ
赤い実が目立つのか、いつもサルに盗られてしまいますが、今年は何とか私の方が先に収穫できました。ざまぁみろ。
グミの実
かなり高いところになっているので、採るのが大変。
グミと蔵

高枝切りハサミで剪定を兼ねて枝ごと採ってもらいました。
グミと私
実を採った後の葉っぱは、ホルンのごはん。
ホルンとグミの葉
今年はサルに勝ってたくさん穫れそうだから、ジャムにします。
イチゴジャムよりちょっとワイルドな木の実のジャムができます。
一瓶いかがですか?

新じゃが 穫れました

雨が降りません。もう二週間以上まともな雨がない。梅雨なのに。乾燥注意報まで出るなんて。なんて年だ。
畑やお花の水やりに大変です。
でも、野菜たちはみんな偉い。試しにジャガイモとタマネギを少し掘り出して食べてみたら、なんとおいしいこと。
新じゃが
思い出せば、二人目妊娠中にひどいつわりになり、食べ物を何にも受け付けない中で、掘りたての新ジャガだけがおいしく食べられました。
畑から掘ってきたばかりのジャガイモは、指できゅっとこするだけで皮がむけます。
 新じゃが皮むき
タマネギもスライスして生で食べたら、甘くておいしいい。
野菜はやっぱり新鮮なのが何よりうまいですね。
夏野菜の苗も元気に育っています。トマトは畑に植えました。ナスはこれから定植します。
スイカやメロン等のツルものは雨が少ない方がいいそうです。だからとても元気。すごいなぁ。
トマト苗畑

お茶を作ってみました

新茶の季節、柔らかくておいしそうな新芽がたくさん出ています。
よおし、お茶をつくってみよう。
源一郎さんに茶葉の摘み方を教えてもらって摘みました。

摘んだ新茶

電子レンジで作る方法でやってみました。
茶葉
ちょっと熱くなりすぎたけど、一応できました。
早速飲んでみました。
お茶

しっかり「新茶」でした。とろみはあまりないけど、さわやかな後味のすっきりしたおいしいお茶です。
「てんぷらもうまいで」と聞いたので、ちょっと固めの葉をてんぷらで食べてみました。抹茶塩をかけたら、お酒のつまみに最高。

ホルンもお茶の葉は大好き。これからの季節は草がいっぱい生えてきて、ホルンでも食べきれません。
お腹いっぱい食べた昼過ぎに、お昼寝するのが習慣。こたらも見てるだけでのんびりします。
草の中のホルン2

バラ園は今、見頃です

バラは今が最高の見頃。丸い葉っぱのアンジェラ、一重咲きのバレリーナ、名前は分からないけどたくさん咲く赤いバラ、中輪の白いバラ。
花畑にはカスミソウも咲いてます。バラに添えてアレンジを作りましょ。
バラ園とルウ

花畑にもいろんなバラがきれいに咲きました。オレンジがかった赤のフリューテ、かわいくて上品で大輪のプリンセスドモナコ、紫のブルーバリュー、黄色くてかわいいゴールドバニー、バレンシア、ヘンリーフォンダ、ピース・・・・。たいそうな名前がついてるバラもあるけど、やっぱりバラは花の女王、豪華です。
バラ9 バラ1 バラ2 バラ3 バラ4 バラ5 バラ6 バラ7 バラ8

隣の源一郎さんが、お花を短歌に詠んで下さいました。

  フリューテの赤鮮やかな薔薇園にバレンシアは優雅を競う

  「タヒチ」という南国名のフリージャとポピーは可憐に風を捉えり

  食細き病後の妻はスイトピーの花瓶引き寄せ香に酔うごとく

お花は散ってしまうけれど、こんなふうに言葉でとどめてくださると有り難いです。

 


Fatal error: Call to undefined function twentytwelve_content_nav() in /home/users/0/main.jp-minemorisanchi/web/wp/wp-content/themes/twentytwelve/archive.php on line 52