Monthly Archives: 12月 2013

おもちつき

年末恒例のもちつき、今年は人手がいっぱい。
有り難いことです。
忘年会でお泊まりしたS君とN君も、朝から起こされて、もちつき。
m1
まだ先日の積雪が残る中、おもちのいい匂いが庭中に漂います。
m2
もちつきはリズムが大事、息が合ってるかな?
m3
年期がちがう。清三郎はやっぱり上手?
m4
つきたてのおもちを、手早く鏡餅や小餅にします。。
N君は、なぜか丸めるのが超上手。
きれいな丸餅が出来ました。
m5
最後のおもちは、つきたてを食べましょう。
これが食べたくて、毎年ぺったんぺったんするのだから。
m6
おろしもち、きなこもち、あんこもち。
一番人気はおろしもち。
さっぱりしておいしい。
ちょうど遊びに来てた息子のお友達もお相伴。
みんなであっという間に食べちゃった。

御鏡もできて、これで無事に新年のお飾りができます。
みなさまお世話になりました。
では、良いお年を。

忘年会だよ~

現役高校生を含む若手たちの忘年会。
寄せ鍋に加えて、美人キムチ鍋も。
d5
教職を退いて2年なのに、こうやって訪れてくれるのは、ホントに有り難いです。
d3
ほら、おいしそうでしょ。
お酒もないのに、このノリ。
d6
若いね~。
みんなのために、やさしい先輩からの差し入れも。
d2
ちょっぴり大人の味のマロングラッセと、コクのあるおいしいリンゴジュース。
みんなで有り難く頂きましたよ、Sくん。
ルゥもしっかりおもてなし。
d7
最後はみんなで記念写真。
d8
はしゃぎすぎて、顔が疲れた。
楽しい年忘れでした。
大人組は、新年会で集うそうです。
みなさん、良いお年を。

雪です、こんなに積もりました

年末まで積雪はないかも、と思っていたのに、やっぱり来ました。
一晩でこんなに積もっちゃった。
y4 
息子が作った雪だるま。
y3
昼ごろには少し溶けて、くまさんも
 y5
たぬきさんもやっと顔を出しました。
翌日は晴天で、明け方の気温が低く、
y9
つららも。
こんな日は、お日様が出てくると、ぐっと気温が上がり、みるみるうちに川霧が出てきます。
y8
雪の積もった時の晴れた日のこの景色、素敵でしょう。
y7

近くのメタセコイア並木。
y1
まだ枝の雪が溶けない早朝の絶景。

懐かしい(元)女子高生、同窓会のビデオ撮影に来てくれました

私がまだ初々しい先生だったころ、これもまた、初々しくかわいい女子高生だったお二人が、我が家に来てくれました。
同窓会に出席できない私のために、ビデオレターを撮影しに、わざわざ訪れてくれたのです。
d4
「お嬢様先生だったあやちゃんが、ヤギ飼ってるって信じられな~い」なんて、嬉しいことを言ってくれるじゃありませんか。

d2

ちなみに、私のことを「あやちゃん」と呼んでくれる生徒は、あなたたちだけです。
まだ若かったもんなぁ。
と、懐かしい思い出話に花が咲き、あっという間に時間が過ぎ、

d3
手作りのガラス作品を、ちょっといびつなのにも関わらず、喜んでもらってくれたり、
d6
雨の中、「ウェルカムくまさん」はじめ、動物たちや温室の中も見てくれたり・・・。
また春にも、ぜひ遊びに来て下さいね。

りっぱに社会で活躍している大人の方々だけど、語り合えば、すぐ「あの時」に戻れます。
こういう関係は、私の大切な財産です。
ありがとう。

同窓会、きっとこの上なく楽しい会になりますね。
みんなによろしく。

ダイビング友のDさん、山の我が家へ来訪

夏に、沖縄ケラマのダイビングでご一緒したDさん。
アフターダイブのお食事で「いつかミネモリサンチに遊びに行きます」
「ぜひぜひ」とお返事したものの、ほんとにこんな山麓の我が家まで来て下さるなんて。
大感激です。
Dさんはさすが、オサカナが好き。
メダカ池に興味津々。
d1
夕飯は、Dさんの手みやげのお酒と蟹、裏山で穫れた猪肉の牡丹鍋、お隣から頂いたホタテ貝などで宴会に。
ごちそうなので、お友達のウマコさんやヤギオさんもお誘いしました。
d10
デザートの石焼き芋まで、おいしくて楽しくて、あっという間に時間が過ぎました。

翌日はウマコさん家で、シロ君ブチ君に乗せてもらいました。
「しあわせで泣きそう」と大感激のDさん。
d9
ブチ君は大きくて高い。
d8
ウマコさんは乗馬を教えるのが上手。
d7
楽しい乗馬の後は、ゲルの中で休憩。
d6
ミネモリサンチでも、ホルンと散歩。

d2 d3 d4 d5
遠く沖縄で一日一緒にダイビングしただけなのに、こんなに仲良くなれてとっても嬉しいです。
「絶対また来ます」とDさん。
いつでもお待ちしてます。
楽しい時間をありがとうございました。
こんな出会いって、いい。
やっぱり何事も「人」ですね。

Dサンは夕飯後、こんなこともして遊んでました。
楽しい人です、ほんと。
d1

初 薪ストーブ

清三郎のケガで、薪作りが遅れてましたが、やっと薪ストーブに火が入りました。
やっぱりあったか~い。
m1
ルゥも大好き。
いつもストーブのそばにいます。
m2
足にけがしたので、ヨキ(斧)が使えません。
そこで、近所のTさんに『割り木割り機』を借りました。
すごい性能。さすが文明の利器。
m4
ぶっといクヌギも楽々と割ります。
おかげで、ほら、こんなに薪ができました。
m5
頑張ったので、今晩は「生姜ご飯」。
薪ストーブと生姜で、ぽかぽかです。
m3
生姜ご飯は、宮古島のダイビングショップ「fish a gogo」のさちこさんに教えてもらったもの。
とってもおいしくできましたよ。寒い冬に、クセになりそうです。

冬野菜の今

ミネモリサンチで今採れるお野菜の紹介
 (すべて農薬は使わず、米ぬかなどの有機肥料で作っています)

大根・・・今年のは大きくておいしいです。もちろん葉も食べられます。
     大根葉は、ぬか漬けや油炒めに最適です。     
     時期をずらして蒔いた大根で、まだ小さく、葉の柔らかいものもあります。

キャベツ・・柔らかくて甘味があり、鬼葉も食べられます。
       残りわずかです。

白菜・・・鍋物はもちろん、サラダもおすすめ。漬け物でもスープでも何でもおいしい。
     ミニ白菜も今食べ頃です。

サラダ菜・・葉の緑が濃く、やわらかくておいしいです。

赤カブ・・・漬け物が定番ですが、煮ても炒めても、シチューに入れてもいけます。
      生でかじってみて。おいしかったですよ。

水菜・・・サラダ水菜です。シャキシャキとおいしいです。もちろん鍋でも。

チンゲンサイ・・小さいです。寒くてもう大きくなりませんが、味はいいです。

h13
ブロッコリーやリーフレタスが温室の中で成育中。もうすぐ収穫できます。
トマトは終わりました。
二度目の春菊はまだ双葉、早く大きくな~れ。            

くまサンタ&たぬきサンタ

もうすぐクリスマス。
ミネモリサンチのウェルカムくまさんも、サンタになりました。
c3
お花畑にいるオカリナたぬきさんも。
c1
玄関も少しだけ「メリークリスマス」
c2
ヒイラギにも赤い実をつけてみました。

ミネモリサンチの冬支度

今朝は初積雪。
山や田が、まだら模様に白くなっていました。h15
パンジーの花壇も、ほら、この通り。
花畑や花木林も、冬支度を急いでおいてよかった。
なんとか雪前に間に合いました。
h5
雪で折れないように支えをし、ビニールで覆って積雪に備えます。
花畑には、たくさんの籾殻をしいて、球根や根の凍結を防ぎます。
h7
もう芽が出てる球根も。
h6
フリージアもこんなに芽を出しています。
これから2月まで、雪の中で頑張ってね。

外は寒いけど、温室の中では、ブロッコリーやリーフレタスが元気に育っています。
h13 
アロエや
h11
カランコエも元気。つぼみも付けています。
h10
手鞠草も咲きました。
h9
モンステラなどの観葉植物も温室の中で冬越し。
h8
フォックスフェイスは枝を切って、温室の中で。
ドライフラワーになるかな?
h12
これから、畑にある春菊やラディッシュを掘り出して、温室にいれようと思います。
冬支度は忙しい。

ホルンの冬支度

師走も半ば、いつ雪が来ても不思議じゃない季節。
青草がなくなり、ホルンもちょっとつまらなそう。
h14
木々も葉を落とし、山は灰色になっていきます。
そんな日のある朝、近所のYさんが「ホルンにあげてぇ~」と、
大根の葉をたくさん持ってきてくれました。
Yさんは「鉄腕ダッシュ」の時のシイタケの人。
今は、切り干し大根を作っていらっしゃいます。
我が家も大根はあるけど、葉っぱも人間が食べちゃうので、
ホルンにはあまり回りません。
普通なら、畑で捨ててしまう葉を、わざわざ持ってきて下さるなんて・・・。
干し草しかない冬に、新鮮な大根葉はホルンの大好物。
h1
みんなに愛されて、しあわせなホルンです。


Fatal error: Call to undefined function twentytwelve_content_nav() in /home/users/0/main.jp-minemorisanchi/web/wp/wp-content/themes/twentytwelve/archive.php on line 52