Monthly Archives: 3月 2014

籾蒔きの前のリフレッシュ、ダイビングに行ってきました

3月も下旬。
暖かくなり、籾蒔きの準備に忙しくなります。
で、その前に、ちょっとリフレッシュ。
d2
海のない滋賀県から、海に囲まれた沖縄へ、ダイビングに行ってきました。
陸で生活する人間が、海の中で自由に泳げるなんて、
何か申し訳ないようで、でも、嬉しい。
d5
今回、なんと、私は100回ダイブ。
全然上手くなれないけれど、ここまで来ました。
インストラクターの宮田先生のおかげです。
d8
先生たちと、アフターダイブの飲み会も楽しい。

ダイビングは、もちろんもっと楽しい。
頭の上をアオウミガメが・・・
d1
三月の海は、ウミウシがいっぱい。d6
これ、オトヒメウミウシ。きれい?
d3
これは、シンデレラウミウシ。超人気だそうです。
ほんとに美しいウミウシでした。
d4
ミゾレウミウシ2匹とツーショット。
d7
ダイビングポイントまで乗せてってくれた船長さんと。

4日間マキノを離れただけなのに、春がぐんぐん進んでました。
さあ、籾蒔き、種蒔き、草取り、野菜や花の苗の植え付け・・・
これから農作業に忙しくなります。

ゴトウさんのケーキと K君、Aさん

K君がお米を買いにきてくれました。
同行はAさんと、ゴトウさんお手製のケーキ。
なんと、ゴトウさんは調理学校の先生。
だからケーキもこんなに素敵。
ゴトウさんは都合が悪くて来れないので、ケーキだけ。
a1
もちろん味だって最高。
a2
みんなで頂きました。一口食べたら、こんなにニコニコ。
ありがとう。ごちそうさまでした。

a3
ホルンや、ウサギのくろちゃんと遊んで、
ランチは、このところ定番の、鹿肉のパスタ。
a5
これ、ほんとに大好評なんです。
a4
ここでAさんは、舞台練習のため、お帰り。
「春の演劇祭」本番2日前なのです。

実は、K君もお手製の「お酒」を持ってきてくれました。
a8
お手製のレモンリキュール(右)。
さっぱりしてるリキュールと、甘いアペリチフみたいな杏酒。
口当たりいいけど、けっこう強いお酒です。おいしい。

で、飲み明かした翌朝。
a6
Kくんはテラスの屋根張りのお手伝いをするはめに。
雪で傷むので、冬の間ははずしておいたのです。
a7
お疲れさま。
おかげで、これから雨でも洗濯物が干せます。

みんなのおかげで楽しい毎日です。
今度はぜひ後藤さんも来て下さいね。

米粉スイーツ&キウイジャム

ミネモリサンチのお米で作った米粉。
お菓子作りが得意なCちゃんが、おいしいスイーツを作ってくれました。

j3
さくさくとおいしいスコーン2種(プレーンとチョコ)、と、やさしい食感のお米タルト。
ミルクで煮たお米をトッピングしたそうです。
前作の紅茶シフォンケーキも美味でした。

洋菓子用専用に製粉した米粉。
「小麦粉で作った時と全然違う、もちもちっというか、何というか・・・」と、Cちゃん談。
あなたも素敵なスイーツ、作ってみませんか。
農薬不使用、有機栽培米の米粉、1kg800円です。

3月も下旬になり、暖かくなりました。
美味しかったキウイも、早く食べないと腐ってしまいます。
で、ジャムにしました。
j4
残り物のキウイは小さいのばかりだけど、味は美味。
j1
全部、丁寧に剥いて、
j2
剥いた皮は、ホルンのごはん。
甘いからか、喜んでたべてくれました。

お客様に試食してもらったら、
「甘酸っぱくておいしい。これ、自然の味ですね」
甘さ控えめのキウイジャム、いかがですか。
1瓶400円です。

Mご夫妻&Baby、楽しいランチ

京都のMご夫妻。
かわいいbabyを連れて、ミネモリサンチに遊びに来てくれました。
m0
ウコッケイたちも、
m8
ホルンも、ちゃんとご挨拶。
m6
「メェ~、メェメェ」 ヤギ語で「泣かないで、よしよし」の意。
m7
「メェメェ~」  ヤギ語で「ほら、泣きやんだでしょ」

ランチは、鹿肉のパスタと自家製ブロッコリーやレタスのサラダ。
m4
サラダに添えたのは、猪の生ハム。
m2
これは、お友達のヤギオさんのお手製。
m1
数日前に、ヤギオさんが持参してくれたものです。
食後のコーヒーは、Mさんがいれてくれました。
m5
濃いのに、苦くない、それはおいしいコーヒー。

ランチの間、babyはこのとおり。
m3
魔人ブーと、おとなしく遊んでくれてました。
なんておりこう!

その後、花木林を散策したり、
m9
ご神木の「ダモの木」を
m11
見上げたり、
m10

温室では、ブロッコリー収穫。
m12
花畑のたぬきさんと記念写真、
m13
ワンコちゃんもおすまし。
m14
クロッカスは咲いてるけど、スイセンはまだつぼみ、チューリップはまだ芽を出したとこ。

ぜひ四月にもおいで下さい。
お花いっぱいのミネモリサンチも見に来てくださいね。

ヤギの引っ越し

ホルンを下さったヤギオさん。
そこのヤギたちが、このたび新しいお家に引っ越すことになりました。
車で30分ほどの山手まで、11匹のヤギたちの引っ越しです。
私たちもお手伝い。
y8
ヤギたちに丸太の橋を渡らせるのが大変。
y2
渡りやすいように、
y1
橋に板を打ち付けて改修。
y7
「めぇ~」と鳴きながら、
でもなんとか、みんな頑張って渡ってくれました。
生まれたばかりの子ヤギたちは、
y11
だっこして渡ります。
y10
さすが、ヤギオさん。
二匹いっぺんに抱えて。

引っ越す前の小屋で。
y4
うわぁ、かわいい~。
y5
ニワトリよりちっちゃい赤ちゃんたち。

子ヤギたちのお父さん。
y3
なんと、あの「ダンテ」くん。
昨年夏はミルク飲んでたかわいい、小さい子だったのに、
すっかりハンサムな若者になってました。
でもチャーミングな巻き毛はそのまま。

y0
軽トラに乗って、移動。
y9
大人2匹、赤ちゃん3匹のご乗車。
y6
車上でおっぱいを飲む赤ちゃん。
おかあさんといっしょだから、思ったより落ち着いてます。
y13
すれ違う車が、びっくりしてました。
y14
軽トラの運転席から撮りました。

無事に引っ越し完了。
きれいな新しいお家に、みんなすぐ慣れたようです。
y15
赤ちゃん、かわいい。
もう、ずうっと抱っこしていたい。

「かわいいのは一ヶ月。すぐ大きくなっちゃうので。」
と、ヤギオさん。
近々、遊びに行きます。かわいいうちに。
また抱っこさせてくださいね。

お花のポストカード CHIKAMOCHI作

CHIKAMOCHIさんは、ミネモリサンチのガレージに壁画を描いてくれた人。
今日は、我が家の米粉で作った「紅茶のシフォンケーキ」を持ってきてくれました。
もう一つの目的は、お花の写真を撮ること。
生のお花の色を使って素敵なポストカードをつくっているそうです。
c2
赤の「はじけろ 少女よ」
c3
青の「いいんじゃない 前に進むのなら」
他にも
c1
京都の雑貨屋さんで購入できるそうです。
「白でも赤でも、お花によって色が微妙に違うから、いろんなのが欲しいんです」
c7
花木林のロウバイや
c6
花畑のピンクネコヤナギ、
c5
温室の白いペチュニアなどを次々と撮影。

ついでに、ホルンにもおすそ分け。
c9
一緒に来たS君からは菜の花をもらいました。
c8

撮影後は、お茶会。
紅茶のシフォンケーキ。
c4
ふわふわでとっても美味。
紅茶の味もしっかりついててしっとり。
レシピを聞いて、私も作ってみようかな。

お礼に、鹿肉のパスタで、お昼ご飯をどうぞ。
c10
塩と黒コショウ、ハーブで漬け込んだ鹿肉を、
一晩じっくりオリーブオイルで煮ました。
c12
大好評。
c11
おかわりして、食べてくれました。

ミネモリサンチでは、今、こんなお花が。
 f2
トサミズキ、黄色い簪みたいなお花。
花木林では、まだつぼみ。
お家の中で花瓶にさしたら、すぐ咲きました。
f1
レンギョウやピンクユキヤナギも、
外ではまだつぼみなのに。
f3
マーガレット。温室内で咲いてきたので、玄関に出しました。
f4
庭先で咲いたラッパズイセン。
花畑の、いろいろなスイセンもつぼみをつけ始めました。

この寒波が過ぎたら、一気に、春です。

ふきのとう、今です

せっかく暖かくなったのに、今日は雪が舞い、冬の逆戻り。
f3
これは3日前。
じっくり探してやっと見つけたふきのとう。
でも、今朝はほら、こんなに、あちこちににょきにょき。、
f4
この寒波が終われば、あっという間に伸びて、
「ふきのとう」でなく、フキの花になっちゃう。
採り頃、食べ頃は、ほんとに、今。
てんぷら、蕗味噌・・・春の味覚、いかがですか。

ウチでは蕗味噌が人気。
ご飯にのっけて食べると、止まらないおいしさです。
f1
きれいに洗って、ゆでて、水につけ、
(苦味が強いので、私はしっかりあく抜きしますが、
この苦味が好きな方は、生のまま刻んで味噌汁の具にするとか)
f2

ゆでると、こんなにきれいな黄緑の汁がでます。
何か染めたりできないかな?
f5
味噌とみりんで煮て、できあがり。
冷凍すれば長持ちします。
料理の最中、ずっと春の香りに包まれるので、幸せ。

ちなみに
現在のお野菜の状況は以下の通りです。(お値段は品質により、多少変動します)
もちろんすべて農薬不使用。

ご注文はお電話でも、メールでも。郵送可(要送料)。
n5
春菊・・・一束100円  柔らかくておいしい。鍋はもちろん、サラダでも。

n7
青ネギ・・・1束100円、おぬたや、薬味に。

k2
ルッコラ・・・一束200円 葉は大根の葉みたいですが、胡麻の味がする野菜です。
        もう少しで終わりです。

k5
ブロッコリー・・・一袋200円 さっとゆでて茎まで食べられます。
          たくさん出てきた又芽に花がつき始め、もう少しで終わりです。
          でも、次の苗も育っています。

h5
キンカン・・・100g300円 そのままでも甘いので生食でも。もちろん甘煮でも。
        
k6
リーフレタス・・・一袋150円 柔らかくて美味、サラダにどうぞ。
          まもなく終了です。

これからの野菜について、
ホウレンソウはここまで大きくなりました。
収穫まではもう少し待ってて。
n6

スナップエンドウはお花が咲きました。
おいしい実がなるまで、これももうちょっと。
n11

葉ものはもう花が付きかけましたが、
「いろんな菜花」として食べられますよ。
さっとゆでてお浸しに。
水菜の「菜花」
n10
青梗菜の「菜花」
n9
白菜の「菜花」
n8

野菜の他には、
自家製味噌、あります。
m1

昨年、倍麹で仕込み、2月に樽から出しました。
保存料不使用。
左側が新味噌、右は二年前に仕込んだもの。
こんなに色が違います。
新しいのは甘くておいしい。
古い味噌で味噌汁を作ると、赤出汁みたいになります。
いかがですか。

他にも、自家製梅干し、ゆかり粉など、常時あります。
いろいろな野菜の種も蒔きました。
成長が楽しみです。
収穫可能になったら、またお知らせします。

懐かしいT君、突然来訪

高校卒業以来、ホントに久しぶりの再会。
T君が今朝、突然遊びに来てくれました。
かわいいお嬢さんを連れて。
t2
すっかり、いいお父さんのT君ですが、
やさしい雰囲気も穏やかな話し方も、あの頃のまま。
もうちゃんとしたオトナの人なのに、つい、高校生の時みたいに対応してしまいました。
t1
失礼な態度でごめんなさい。
でもすごく嬉しかった。
Cちゃん、またぜひゆっくり遊びに来てね。
今度は、おいしいクッキーを用意しておきますから。

Cちゃんが遊んでくれたウサギのクンちゃん。
r3
ずっと家の中のケージにいましたが、
今日初めて外のウサギ小屋にいれてみました。
先輩の「クロちゃん」の隣です。
r2
クンちゃんは、初めて見る先輩の姿に、ちょっとびっくり。
でも、クロちゃんは興味津々。
r1
だんだん慣れてきて、金網越しに鼻をくっつけてご挨拶。
ルゥも見守ってます。

Cちゃんは動物好き。
大きい山羊のホルンにも全く怖がることなく、頭や角ょをなでてくれました。
h1
お客様が大好きなホルン、ほら、いつもこうやって覗いてます。
ホルンは、今、ススキの中に口をつっこんで生え始めた小さな草を食べています。
h2
だから、口のまわりは傷だらけ。
柔らかい青草がたくさん茂ってくれば、すぐ治ると思うんだけど。

T君、Cちゃん。
次にきてくれる時には、
ホルンの鼻もきれいになって、クンちゃんもだっこできるようになってるといいね。

のんびり、馬でお散歩

毎日、畑仕事を頑張ったので、今日はお休み。
ウマコさんの所で、のんびりお散歩。
j1
さあ、出発。
右の白いのは、ウマコさんのゲル。
j2
山道をゆるやかに登り、
j3
流鏑馬の道を走り(写真がないのが残念、上手に駆け足できたのに)、
j4
こんな道もしっかり歩き、おうちにもどりました。
j5
暖かい日だったので、外でお昼ご飯。
「シロ君もいっしょに食べる?」
シロ君と私は仲良しだもんね。
j6
「ほら、こっちだよ」と清三郎。
j7
「よしよし、おいしいやろー」
j8
「あっ、ブチに見つかった」
j9
「それはコーヒー、熱いで」
と、清三郎が馬に遊ばれている間、
私はゆっくりとおにぎりを堪能。
馬とのお弁当、楽し~い。

花畑を開墾

ミネモリサンチの花畑に、2本花壇を増やしました。
もともと杉林だったところなので、石だらけ。
t1
木の根もごろごろ、拾い出すのが大変。
トラクターで何回も耕して、何回も石拾い。
こんな石の山がたくさんできました。
t2
石を出した後に、牛糞や籾殻などを撒いて、
t3
もう一度耕し、もう一度石拾いして、平に均すと
ほら、こんなにきれいになりました。
さあ、何を植えましょう。
スイトピー、カスミソウ、ポピー・・・
忙しくなります。


Fatal error: Call to undefined function twentytwelve_content_nav() in /home/users/0/main.jp-minemorisanchi/web/wp/wp-content/themes/twentytwelve/archive.php on line 52