Monthly Archives: 9月 2014

馬で駆け足、爽快!

今日はまじめに、ウマコ師匠の元で、乗馬レッスン。
体が安定せず鐙がはずれたり、つい姿勢が悪くなってしまったりしたけど、
シロくんやブチくんが何回も走ってくれたのと、ウマコさんのご指導のおかげで、
なんとか駆け足ができるようになりました。
その後、み~んなでランチ。もちろん、馬たちも。
1
ブチくんが、清三郎と仲良くなれたのが嬉しい。
今までは、時々ブチくんが「なんやっ、こいつ」って目で見てる時があったもの。
2
ウマコさんが『絶対城先輩の妖怪学講座』の本についてた応募券で当たった
タンブラーを見せてくれました。運の強い人です。

ウマコさんと馬たちが、10月8日から一週間ほど、
ミネモリサンチに滞在してくれます。楽しみ~。

 

ダイビングin串本

無事に稲刈りを終え、ちょっと休憩で、串本へ。
本土の海で潜るのは初めて。
いつもの沖縄の海とは違う魅力がいっぱい。
9
魚の群れの中にシュアーッと泳ぎ入って、楽しい~。

10
周り全~部さかなさかなさかな・・
さらにすごいのは、ガンガゼというでっかいウニ。
海中にたくさんツンツンしてました。

7
なんと、目があるのです。オレンジ色の目の周りには、神秘的な青い光がキラキラ。

5
ダイビングは、いつもの宮田センセと、Dさんもいっしょ。
2
Dさんは、ハゼがお気に入り。
1
ハリセンボン、ぼんぼん
  3
アオウミウシ。
4
クリスマスツリーみたいな
イバラカンザシ。
  6
イソギンチャクと透明なイソギンチャクエビ。
  8
どこにいるかわかりますか?サツマカサゴ。

11
私のわがままで、ウミウシとツーショット。
人間の手は熱すぎて、ウミウシにはよくないんですって。
ごめんね。
12
どこにいるかわかりますか?ワニゴチ。60センチほどの大きさ。
13
カゴカキダイの群れと私。トラロープみたいな色。
14
キイロウミウシ。沖縄より大きい。
15
楽しい串本ダイブの最後は、インストラクターNさんのこんなサービス。
16
バブルリングいっぱい。
串本いいね。
また行きま~す♪♪

豪華、お家でにぎり寿司パーティー

3
元板前さんだったというFさんが、我が家でにぎり寿司を作ってくれました。
7
ネタは、清三郎が釣ってきたツバスやタイ。
5
寿司飯は、もちろんウチの新米。
2
うまかった~
1
自前の包丁も持参してくれて、最高の握りを目の前で。
できたてのお寿司は、もう最高。
8
幸せな、楽しい時間でした。
4
段取りが悪くて、すみませんでした。
次回はもっとちゃんと準備しておきます。
だから、ぜひぜひまたお願いします。
清三郎も、もっと大きなタイを釣ってきますから。

ほら、秋ですよ~

彼岸花は偉い!
天候不順の年でも、ちゃんとこの季節になると真っ赤な花をつける。
24
で、私たちは「暑い暑いと思ってたけど、もう秋なんだなぁ」と気づく。
気がつけば、ミネモリサンチは、秋真っ盛り。
涼しくなって、あわてて、秋の花々が咲き出してきたようです。
私もあわてて、花畑や庭を撮り回りました。
1
クリ。清三郎の地道な猿パトロールのおかげで、今年も無事に収穫できそうです。
みなさん、拾いに来るなら、今ですよ~。
3
萩。四色が花盛り。かわいい花です。
4
サンショウの実。はじけてしっかり乾いたら、粉山椒を作ります。
たくさんあるので、誰か、一緒に作りませんか?
5
シュウメイギク。濃いピンクと薄い桃色の二色のお花。
6
コバルトセージ。糸みたいな茎にたくさん花をつけてます。
7
ソリタゴ、ファイヤーワークス。鮮やかな黄色で、花畑で目立ちます。8
メガネヤナギ。葉っぱがくるりんとしてて、かわいい。
9
リンドウ。二年目にしてやっと花が咲きました。
10
オシロイバナ。四色あります。
11
センニチコウ。涼しくなって、また元気になりました。
12
コスモス。丈夫だけど、可憐で、大好きな花です。
13
コキア。紅葉してきました。ほうきにできるかな?
14
ジニア。これも元気を取り戻してきました。
15
コニファーの実。ごつごつしてておもしろい。
16
ジュズサンゴ。きれいなピンクでしょ。
17
セージ。いい香りです。
18
花壇に入れた堆肥の中に種があったようで、こんな実がなりました。
メロンかな?もうちょっと大きくなるまでほっといてみます。
19
ツルウメモドキ。今年はたくさん実をつけました。
20
ムラサキシキブ。ほんとはもっときれいな紫なんだけど、
写真だとこんな青ッぽい色で、残念。ホンモノを見に来て。
21
シロシキブ。これは真っ白。
22
ミズヒキ。野生だけどきれい。
23
ヤマボウシの実。かわいい赤です。

25
パンパスグラス。四年目にしてやっと花がたくさんつきました。
26
野ブドウかな?
野生だけど、きれいな瑠璃色の実がつきます。
色づくまでもう少し。

ミネモリサンチの秋の花々。
お好きなお花を摘んで、秋の花束を作ってみませんか。

新米、できました

お待たせしました。
できました。空だった米倉に、早速運び込みました。
1

4月から手を掛けて大事に育てたお米です。
2
籾摺りしてくれたTさん
「ええ米や、粒がそろうとる。目ぇつぶってても一級品やてわかるよい米やぁ」
と絶賛してくださいました。
今年の天候不順を心配してただけに、うれしい~っ。
3
炊きあがりのつや、味、手前味噌だけど、最高。
稲たち、えらいよ、ほんと。

みなさま、ご注文ありがとうございます。
さっそく、お送りいたします。

稲刈り、無事完了

四月から大事に育ててきた稲、本日やっと稲刈りです。
12
去年は雨が多くて田が乾かず、コンバインがうまく進まなくて大変でしたが、
14
今年はとっても順調。
13
午前中で、無事すべての田の稲刈りが完了。

コンバインを巧みに操るのは、村の長老Tさん。6
不規則な形の田も、外側から
8
だんだんと中に進み
11
無駄なく刈り終えます。
コンバインがスムーズに進むように、
前もって田の隅を刈っておきます。
1
これは人力で。
2
清三郎ががんばりました。
4
手で刈った稲も、
16
コンバインで脱穀。

ビッフォー
5
アフター
15
収穫した籾を乾かして、籾摺りし、玄米の状態にします。
これに数日かかります。
新米ができるまで、ほんとにもうちょっとです。

シロくんの正装、素敵

「橘殿がシロくんに和鞍をつけてくれるよ」と、
ウマコさんから聞き、さっそく見学。
1
たくさんの見学者たちの中で、正装完了。
5
相馬野馬追いで二百年以上使われているという馬具。
足の当たるところは、なんと、象の皮だって。
6

木製の鞍。漆塗りです。
7
幅馬追い祭りの後では、鞍をはずし、ひもも全部はずし、きれいに洗濯してしまうのだそうです。
洗濯は女の仕事だといいながら、ヒロコさんは器用に鞍を片付けます。
修繕しながら長年大事に使い続けているのが、間近で見るとよくわかりました。

こんな素敵な鞍に乗せてもらいました。
3
和鞍だから、もちろん着物で。
4
ウマコさんも。
この後、大人のコスプレ大会。
みんな交代で着物を着て乗って、シロくん、お疲れ様。
2

みんな馬に夢中だけど、ここには山羊たちもいるんですよ。
ほら、こんなにかわいい少年。まだ巻き毛がたっぷり。

 

 

新米、もうすぐです

九月の田んぼです。今年もしっかり実ってくれました。
t1 
稲刈りは中旬の予定。おいしい新米ももうすぐです。
みなさん、またよろしくお願いします。

ヤギオさんとこへお手伝い

セルフビルドでお家を建ててるヤギオさん。山羊飼いです。
1
お家の後ろの山の上がヤギたちの放牧地。ウチのホルンもヤギオさんちの出身。
遠くにいるヤギたちに「ホルンのママ~」って呼んだら、みんなが走ってきてくれました。
3
これがホルンのママ。シュッとして美人でしょ。
今日はお家作りのお手伝いに来ました。
4
午前中頑張って、みんなでお昼ご飯。
2
早く素敵なお家が完成するといいですね。

初トラクター運転、楽し~い

2
ホルンの柵の中で、のんびり。
4
雨の中、ブルーシート下のBBQでのんびり。
5
おみやげに、こんなにかわいいひよこのケーキを頂きました。
3
畑の肥料蒔きも手伝ってくれました。
もう、のんびりじゃない?
6
「トラクター、運転してみたい」
で、清三郎がレッスン。
7
「うわっ、動くよ~」
9
実演。畑を耕作。
8
「どう?うまいでしょ」

お疲れさま。
また、楽しく農作業に来てくださいね。


Fatal error: Call to undefined function twentytwelve_content_nav() in /home/users/0/main.jp-minemorisanchi/web/wp/wp-content/themes/twentytwelve/archive.php on line 52