Monthly Archives: 2月 2014

E君、舞台お疲れさまの鍋宴会

E君が公演を終えて、しばし帰省。
OBたちと我が家に寄ってくれました。
e7

ルゥにも
e1
ホルンにもご挨拶。
e2
「良いところにきた」と、小屋移動を手伝わされるE君とS君。e5
S君がおろおろしてるうちに、移動完了。
e4
お疲れさま。
e3
舞台出演者オリジナルの帽子で、決め顔!
e6
調理担当はもちろんAちゃん。
ちょっとピリ辛のカキなべと、我が家で採れたレタスやブロッコリーのサラダ。
仕事帰りのYちゃんも来て、たのしい宴会。

宴会後は、お茶会。
これ、私お手製の抹茶茶碗です、えっへん。
e8
ちょっといびつなのがご愛敬。
e9
けっこうなお手前でした。
日付が変わるまで楽しい時間。
明くる日は、E君は東京でアクションのお仕事、Yちゃんは京都にと、
みんな忙しいなか、来てくれてありがとう。

次は(恒例にしたい)お花見パーティーで会いたいですね。
ご活躍を。
私も、ミネモリサンチをもっと楽しい場所にできるよう、頑張ります。

ほわほわピンクネコヤナギ、いかがですか

今日はとても穏やかな日。
明日夕方は、天気予報の雪マークがついてますか゛、春は確実に近づいています。
ミネモリサンチには、お花もあります。
お花は咲いてからでは遅いので、つぼみのうちにいかがですか。
ほら、ピンクネコヤナギが見頃です。
h2 
ロウバイはもう花盛り、良い香りです。
h8
花木林では、ロウバイ以外は、まだこんな感じ。
ピンクユキヤナギやトサミズキ、ヒュウガミズキ、レンギョウにはつぼみがいっぱい。
暖かいお部屋で花瓶にさせば、すぐお花が咲きますよ。
h9
梅もまだつぼみですが、玄関鉢植えの「ウンリュウバイ」はきれいに咲いてます。
h1
サザンカは満開のも、つぼみもいろいろ。
まだまだ飾れます。

先日お花を送ったお客様からのお手紙。
「この花が届いた時、手術後退院したばかりだったので、
どんな花が送られて来たかと楽しみで、すぐ見ました。
それから元気が出て動けるようになりました」
サザンカを生けた写真も同封してくださいました。
h7
とても嬉しいお手紙、励まされます。

ハナユズも飾れますが、もちろんユズとしても食べられます。
 h3
キンカンも食べられるけど、オレンジの実がきれいなのでお花としてもいかがでしょうか。
h5
庭や林は、まだきれいな花々は咲いていませんが、
温室内では、ランやブーゲンビリア、ペチュニァが咲いています。
モンステラ、クワズイモ、スパティフィラムなどの観葉植物も元気です。
ミネモリサンチで、お好きなお花をどうぞ。

真田十勇士、観てきました

T高演劇部OBのE君、あの『真田十勇士』に出てます。
e2
チケットも取ってくれました。
みんなが入場を並んで待っているその横を、「関係者」っていう特別の入り口から入れました。
すごいVIP。
席は11列34番。
これもVIP席、県大会なら審査員席ってところ。

初めての梅田芸術劇場。
e6
ケイタイ写真なので、ボケボケですが、リッチなホールです。
3時間25分休憩20分の芝居。

e1
中村勘九郎や松坂桃李、真矢みきという超有名人と、堂々の舞台。
E君は、センターでスポットを浴びて、メインキャストをシュワッと斬る場面もありました。
そのあと、すぐ斬り殺されちゃったけど。
キレのある動き、アクション、殺陣。すてきでした。
e4
カーテンコールでも、ずうっとE君ばかり見てました。
幸せな時間。

公演後、楽屋へ行って、E君に面会。
パンフレットにサインしてもらいました。
E君は「昨日もO先輩が来てくれて、有り難いです」って。
みんな、応援しようね。

サラダに、ごま味のルッコラはいかが

関東や東北ではひどい雪のようですが、ここマキノでは田んぼの雪は消え、黒い地面が見えています。
積雪の多いこの地方ですが、春前にはいつも、あまり降らない東京の方で大雪になるようです。
姑が「節分過ぎると根雪が消える」と言っていました。
まだまだ風は冷たく、梅もつぼみのままですが、温室内では葉もの野菜が育っています。

現在のお野菜の状況は以下の通りです。
もちろんすべて農薬不使用。
ご注文はお電話でも、メールでも。郵送可(要送料)。

k2
ルッコラ・・・一束200円 葉は大根の葉みたいですが、胡麻の味がする野菜です。
        そのまま生でサラダにどうぞ。やわらかくてごま味が不思議と好評です。

春菊・・・一束100円 昨年末に種蒔きし、やっと収穫可に。
      柔らかくておいしい。鍋はもちろん、サラダでも。

大根・・・1本150円 降雪前に収穫、保存してあるものです。
      お煮染め、おでんにはもちろん、瑞々しいのでサラダにも。
      

ミニ白菜・・・1玉200円 小さめの白菜です。お鍋にぴったりのサイズ。
        もう残りわずか。

k5
ブロッコリー・・・一袋200円 さっとゆでて茎まで食べられます。
          大株の収穫は終わりましたが、又芽がたくさん出ています。

キウイ・・・250g(約10個)250円 やや小ぶりの種類です。

キンカン・・・100g300円 そのままでも甘くいので生食でも。もちろん甘煮でも。
        「体にいい」って感じです。

花梨ジャム・・・1瓶500円 花梨と氷砂糖で作りました。熱い湯で割ってホットドリンクにも。
         おかげさまで、大人気。あと1瓶です。

k6
リーフレタス・・・一袋150円 柔らかくて美味、サラダにどうぞ。

その他に、水菜、青梗菜、赤カブ、小松菜、サラダ菜などがまだ少々あります。
k7

また、自家製梅干し、ゆかり粉、味噌も常時あります。
ジャムは、秋グミジャム(450円)がまだ2瓶残っています。
3月にはキウイジャムも作る予定です。

鹿肉の宴

若い雄鹿が穫れたと、後脚1本とタン、背ロースを頂きました。
捌いてもらって、2日間冷凍し、その後調理。
豪華な宴(うたげ)になりました。
n9

捌いてくれたのはウマコさん。
n1
まだ脚がついています。
前に見えるのが背ロース。上等な部位だそうです。
n2
薄い筋を丁寧に取り除き、切り分けていきます。
筋肉ごと?に塊があるみたい。
命を頂くって実感があります。

n4
2日間冷凍後、解凍し、調理担当はヤギオさん。
背ロースをローストビーフならぬロースト鹿にしてくれました。
香辛料につけ込んだ後、
n6
焼いて、
n7
焼け具合を確認後、ホイルでしばらく保温。
n8
美味しくて写真撮るのを忘れました。
n10
これは燻製にしたもの。
マスタードで食べると超うまっ。
n11
ルイベって言うのかな?
スライスして塩と胡麻油で。とろけるようでそれはそれは美味。
n5
すじ肉はかたいけど、味付けした肉をオリーブオイルでゆっくり煮ると、
柔らかくてこれも美味。
鹿肉はクセがあるって聞くけど、どれも極上の味でした。
n12
さらに、宴会参加者のMさんお手製のお菓子も。
甘くないケーキだって。
フレッシュチーズやドライトマトの入った塩味のケーキです。
ねっ。贅沢この上ない宴でしょう。

もう一人のお客様は、ずうっと玄関で待機していてくれました。
ウマコさんの飼い犬「わんこ」
こんないたずらをしても怒らない、賢い賢い忠犬です。
n3
かわいいっ。

花畑に かわいい(?)お家が

乗馬初体験のあと、我が家に寄ってくれたSくん。
家運びを手伝わされる羽目に。
i1 
畑の奥にあった、昔のヤギ小屋を花畑まで移動させます。
以前峯森家も改築してくださったプロの大工さんが作ったヤギ小屋。
頑丈だけど、すごく重い。
i2
軽トラに傾けて乗せ、うしろをS君が支えて、ゆっくりゆっくり運びます。
i3
バラ園を抜け、ガレージ前をとおり、花畑へ。
i4
ここでゆっくり降ろします。
i5
無事に運べました。
i6
花畑に休憩所ができました。
故ハッピー(以前のヤギの名前)が壊した所もあるし、いろいろ修理が必要です。
でもペンキで絵も描けそうだし、かわいい小屋になるかも?
誰か、修理や絵をお手伝いしてくれませんか?

Sくん、初乗馬

突然「馬に乗りたい」と言い出したS君。
貢ぎ物(唐揚げ)を持ってきたので、ウマコさんのとこへ連れてってあげました。
初乗馬は、おりこうのシロ君だけど、鞍無しのはだか馬。
j1

ちょっと緊張してます。
はだか馬に乗ると、馬の体温が直接、脚の腿に感じられて「あったか~い」と幸せな気持ちになります。
Sくんも、「気持ちいいです」
その後、鞍をつけたブチ君に乗せてもらい、ウマコさんの引き馬で外乗。
j3
初乗馬で外乗なんて、乗馬クラブではあり得ないけど、
ウマコさんは、「ケガは自己責任」。でも気に入った人しか乗せてくれません。
ウマコさんのリクエストで、Sくんは馬上で「あ、え、い、う、・・・」と演劇の発声練習を披露。
「うわぁ、うまいじゃん」と誉めてもらってました。
j4
まだら雪の残る山に入り、
j5
通称「ハイジの丘」でお弁当。
ここは見晴らしが最高で、風もなくお日様も温かい丘。
でもこの日は気温が低くて、足はちょっと冷たかったね。
j6
ブチ君、シロ君と記念写真。
帰ってからは、ウマコさんのゲルで、お茶。
火も焚いてくれて、おもちも頂きました。
j7
Sくんは、森の中で坂を駆け上らせてもらい、「異常な快感」と喜んでました。
初乗馬、よかったですね。
また行こうね。次は、暴れん坊将軍みたいに、疾走できるといいね。

スペシャルゲスト あみちゃん

あみちゃんが遊びに来てくれました。
京都在住だけど、ちょっとこちらに帰省、忙しい時間を割いて来てくれました。
 a1
話に夢中で、写真忘れてた。
帰る時にくまさんの前で。
 a2
ただ今制作中の「バイオリン弾きのきつねさん」の台座で。
このままずっと飾っておきたいね。

青いかわいい車で帰っていきました。
a3
春にはまたみんなで会いたいね。
あみちゃん、時々すごく芝居がしたくなるんだって。
お花見パーティーの時に、みんなで寸劇でもしたら?
あ、想像したら楽しくなってきた。

霧閉ざし 山里しばし 天空に

霧の朝、あたり一面真っ白。
昨日は日本中霧の一日だったようです。

k2  k4
白く白く畑も森も霧閉ざしわが山里は天空となる
みたいな感じ。(最近隣人に誘われて短歌を倣い始めたので。おそまつ)
k5
ルゥの小屋も、
k1
ウコッケイの小屋も、
k3
ホルンの柵も、みんな霧の中。

昼には霧も晴れてきて、清三郎は、ホルンの柵を畑の奥まで広げてくれました。
k6
杭を打って、メッシュをとめてと、けっこう重労働。
でも、おかげでホルンは奥の草まで食べられるようになりました。
草刈りもしなくて済むし、めでたしめでたし、です。
お疲れさま。

 

うれしいお客様 あきちゃん

あきちゃんがウチに遊びに来てくれました。
高校の部活動で、私が顧問、あきちゃんが部長だったという関係。
それはそれはしっかりした部長で、今T高校の演劇部が存続しているのも、あきちゃんのおかげと言って過言なし。
 a2
久々の再会で、いっぱいしゃべって口が疲れたほど。
楽しい時間をありがとう。
a1
ルゥも歓迎です。
ホルンの散歩もいっしょに行きましたよね。

頂いたあきちゃんお手製のひじきのフリカケ。
a3
おいしくて、もうこんなに少なくなっちゃった。
また作って持ってきて下さいな。
次は副部長だったMちゃんもいっしょに、ね。


Fatal error: Call to undefined function twentytwelve_content_nav() in /home/users/0/main.jp-minemorisanchi/web/wp/wp-content/themes/twentytwelve/archive.php on line 52