Monthly Archives: 10月 2014

牛の削蹄、初めて見ました

ウマの装締は先日見ました。伸びた蹄を削って、蹄鉄を打ち付ける。
牛は蹄鉄も打たないけど、やはり蹄は伸びるので、削るんですって。
珍しい、牛の削蹄を、信楽の山田牧場で見せていただきました。
45
こんな機械に一匹ずつ牛が入り、
2
脚にロープを掛けて、ウインチで巻き上げ、固定。
32
グラインダーで削って、
4
きれいにします。これで歩きやすくなるね。
1
4本脚をあっという間に削って、終わり。
マニアックな機械。
これを考案した人って、すごいと感心することしきり。
31
「牛削蹄協会」プロフェッショナルな削蹄師さん。
車は釧路ナンバーでした。全国を回ってる方ですって。
人も、すごい。職人さん!
77
こ~んなにいっぱいの牛たち全部の削蹄を一日掛けてするそうです。
9
ダチョウ、ポニー、クジャク、ウサギ、鶏、イノシシ・・
動物いっぱい。極上のチーズケーキも購入し、
お礼を言って、山田牧場を後に、次の目的地へ。

すごいお家でしょ。
窓からウマが顔を出しておもてなししてくれるなんて。
10
ウマコさんのお友達、Kさんのお宅で、ランチをご馳走に。
11
川の流れる音を聞きながらランチ、贅沢~♪
ウマのテト君、黒ラブのアトム君、鶏のカラザちゃん、猫たち・・
たくさんのペットたちに歓迎してもらって、幸せ~♪
Kさんもとっても魅力的な方で、おしゃべりしてたら、
あっという間に時間が過ぎて、帰路を急ぎます。

この日は清三郎が、すごい釣果。
たくさんのアジを、ウマコさんとヤギオさんが手際よく捌き、
12
夕食は、アジの刺身、塩焼き・・アジ三昧。
盛りだくさんの一日でした。

おもしろかったわぁ~
明日、残りのアジを干物にしましょ♪

秋グミジャム できました♪

秋グミジャム、かんせ~い!
甘酸っぱくて、ちょっとワイルド。美味しくできました。
j
大鍋いっぱいの秋グミから煮詰めて、180ml瓶5つに。
3
かわいい女の子(17歳に見える?ウマコさん)もお薦め。

ウマコさんは収穫も手伝ってくれたので、明日また作ります。
1
こんなに高いところまで、びっしりと赤い実が。
2
大鍋5杯分はありそうなので、20瓶くらいできるかな。
みなさま、ぜひぜひご注文くださいませ ♡ ♡

ウマたち お帰りの旅 マキノ~安曇川

今日は秋晴れ。
ウマたちが、お家に帰ります。
一週間の予定だったのに、台風やら何やかやで延び延びになり、
気がつけば半月。
4
この雑木林の中がウマたちの夜の宿でした。
ここは以前鉄腕ダッシュの撮影場所、
姪たちバンドのプロモーションビデオを撮ったところ。
もうすぐ落葉し、落ち葉の敷き詰められた明るい林になります。

さあ、出発。ここから安曇川まで、5時間のウマ旅。
村を抜け、特急電車の通過する線路の下を通り・・・
5
偶然、お庭にウマの石像、発見。
シロくんは、ちゃんとご挨拶。ホンモノの馬だと思ってるみたい。
ウマって、匂いよりも目で認識するんですって。
h
秋晴れの琵琶湖岸を歩きます。
IMG_57757
いい景色。最高のウマ旅日和。
8
ランチタイム。清三郎がお昼ご飯を届けてくれました。
11
ウマたちものんびり休憩。
12
乗り手交替。出発。
13
橋を渡って、遊歩道を歩き、
2223
また乗り手交替して、後は一気に安曇川まで。
乗ってる私も脚やお尻がちょっと痛くなったから
ウマたちはもっとお疲れだったでしょうね。

お家に着いて鞍を外したら、
ほら、ごろ~んごろ~ん。
21
動画じゃないので、撃たれて倒れてるみたいだけど、
リラックスしてる姿なのです。

雪が溶けたら、また来てね。
次は、桜の下を歩きましょう。

 

秋グミ たくさん採って ジャムにしましょ♪

秋グミが旬です。
実は小さいけど、こんなにたくさん実りました。
g3
きれいな色。ルビーみたい。
g2
甘いけど、ちょっと渋い。
g4
皮に渋味があるので、皮と種を取り除き、
ジャムにします。甘酸っぱくて美味。
パンやヨーグルトにはもちろん、肉料理のソースにも合いますよ。

私だけでは採りきれないほど実ってくれました。
誰かいっしょに採ってくれませんか?
一時間、いっぱい採ってくれたら、
お礼に、秋グミジャム一瓶を差し上げます。

ジャムはただいま制作中。

柿、食べ頃です♪

秋の果物代表、柿。
今、旬ですよぉ。
k1
ヤギのホルンが下草刈りを一手に引き受けて、
こんなにたくさん実りました。
IMG_5564
これはお客様に郵送する分。

農薬不使用なので、安心して召し上がっていただけます。
皮だって、捨てないで。
『柿の皮レシピ』は、いろいろ。
柿の皮ジャム (レンジでチンで、簡単)
柿の皮きんぴら (ピーマンと。オレンジとグリーンがきれい)
柿の皮チップス (おつまみにピッタリ、カリカリが美味)
柿の皮スナック (塩こしょうで味付け)

他にも、たくあんなどの漬け物の甘みにも。
ミネモリサンチの柿、ぜひご注文ください。

かわいい妖精さん、ご来園

京都から来られたFさんファミリー。
お子さんたちは、花畑のフウセンカズラがお気に入り。
f3
ふたりで顔をくっつけて、まるで妖精みたい。
f5
花木林で採ったパンパスグラスと、ふわふわお散歩。
IMG_5714
畑では、ピーマン、水菜、ラディッシュ、サツマイモ、トマトなども収穫。
お持ち帰りのお野菜は、ご持参の素敵なバスケットで。
f1
最後に、ミネモリサンチの特典(今限定だよ)
f4
おかあさんもいっしょに。
f2

今日ははるばる京都から、ありがどうございました。
お楽しみいただけたでしょうか?
季節ごとに、お花も野菜も変わります。
ぜひまたおいでくださいね。

おまけ。
妖精さんの置いてったパンパスグラス。
ウマコさんも魔法が使えましたよ、ほら。
t1

わたしも。
t4

モンゴル? いいえ、マキノです

元職場同僚のNさんがミネモリサンチに来てくれました。
久しぶり~♪
せっかく今ウマがいるんだもの、載せてもらいましょぉ♪
n9
モンゴルにも行ったことがあるというNさん、
n7
ブチくんが動き出しても、
n6
いきなり走りだしても、
n8
下り坂でもぜんぜん平気。
n10
ほら、モンゴルみたい。良い雰囲気!
n2
好物のニンジンをあげて「ありがと」
「むっちゃ楽しかった~」とNさん。
a
私も楽しく見学させてもらいました。
ねぇ~、わんこちゃん♥

楽しい秋晴れの一日でした。

パンパスグラスが目立ってま~す

ミネモリサンチの花木林で、パンパスグラスが目立ってます。
今日のお客様は、魔女?
ホーキならぬパンパスグラスに乗って、空を飛んでます。
2
植えてから数年を経て、今年やっと、こんなに咲いてくれました。
1
魔女さん、村のご神木のダモの木の下までひとっ飛び。
3
ここからは村が一望、琵琶湖も竹生島も見えます。
4
帰りはのんびり。
みなさまも、山里の秋を満喫しに、ぜひおいでください。

ウマでお散歩 メタセコイア並木~マキノ高原

台風一過の秋晴れ。ちょっと風はあるけど、お散歩日和。
3
ミネモリサンチから
1
メタセコイア並木を通り、マキノ高原まで
4
ブチくんもシロくんも素敵。観光客の視線を集めてます。
2
マキノ高原まで、もうちょっと。

5
着きました~
6
広いでしょ~
7
走れる~
8
ヒトもウマもご機嫌。
この後、スキー場から峠を越えて、緑が池から森を抜けて
お家に帰ってきました。
楽しかった~。
こんな素敵な道、初めて。

改めて、マキノって良いところです。


Fatal error: Call to undefined function twentytwelve_content_nav() in /home/users/0/main.jp-minemorisanchi/web/wp/wp-content/themes/twentytwelve/archive.php on line 52